脱毛の痛みを和らげたい! 対策はどうしたらいい?

脱毛したいけれど、痛みに耐えられない! 

脱毛の痛み、どうにかして少しでも和らげたいものですね。

効果的な方法や対策としては、まず、経験豊富なスタッフが懇切丁寧に説明し、相談にのってくれる店舗を見つけましょう。

脱毛に対して疑問や不安があるまま施術を受けると、ストレスとなり、痛みにも敏感になります。

施術する前の肌ケアとして、保湿に気をつけてください。

乾燥肌では痛みを強く感じます。お風呂上りは乾燥しやすいので、保湿クリームを塗るのを心掛けましょう。

また、日焼けはNGです。

基本的には、光脱毛よりも、レーザー脱毛の方が痛みが強いことは理解しておきましょう。

しかし、店舗によって使用している機械は違うので、痛みの感じ方にも違いがあります。

最新の機械を使用している店舗は、痛みが少ないと言えるかもしれません。

痛みが心配な場合は、パッチテストを行ってくれる店舗もあるので、聞いてみましょう。

施術前日は十分な睡眠を取りましょう。二日酔いや風邪気味など体調不良では、痛みも強く感じてしまいます。

当日はコーヒーなど、神経を過敏にするカフェイン入りの飲料を飲むことは、控えたほうがいいでしょう。

 

脱毛の痛み止めに、市販の薬は役立つ?

施術前に市販の痛み止めを飲むというかたもいます。

ただ、痛み止めは施術後における痛みを軽減するものですから、施術中に服用していても、たいした効果は期待できないかもしれません。

クリニックであれば、施術を受けるときに、麻酔クリームや笑気麻酔を使用する場合があります。

麻酔クリームは希望の部位に塗ってのち、30分ほどで効果が表れてきます。しかし、痛みが全くなくなるわけではありません。麻酔クリームは肌の深部まで浸透するものもあるようですが、大抵の場合は肌表面にしか効果がないようです。

笑気麻酔とは、笑気ガスを鼻から吸う麻酔です。効果はすぐに全身にいきわたり表れます。吸うと意識がぼんやりとするため、リラックスしながら施術を受けることができます。

エステサロンでは、ジェルや保冷パックで冷やしてから施術する場合が多いです。

肌を冷やすことで、痛みが軽減されます。

ただ、どの方法であれ、痛みの感じ方には個人差があります。

 

脱毛後の痛みは、どうすればいい?

脱毛後に肌が火照ったり、ヒリヒリしたりする場合があります。

そんなときには、冷たいタオルや保冷剤を使用します。

肌を冷やすことで、痛みを軽減させ、症状を回復させます。

脱毛後は直射日光を避け、日焼けをしないようにしましょう。日焼け止めクリームを使用してください。

施術後に日焼けをすると、ヒリヒリ感がしたり、シミなど色素沈着したりします。次回の施術も考えているかたは、日焼け止めを使用し続けましょう。

痛みで後悔しないためにも、しっかりと脱毛の前にカウンセリングを受けましょう。

脱毛に痛みというリスクはつきもの、そのことをふまえて、自分にあった脱毛方法を選びましょう。