脱毛後の炎症を防ぐためのポイントとまとめ

人気脱毛方法として、医療レーザー脱毛があります。

サロン脱毛よりも早く脱毛効果を実感できる反面、炎症などのトラブルも気になるところです。

今回は、脱毛による炎症を防ぐポイントなどをご紹介します!

 

医療レーザー脱毛後の炎症について

とにかく楽にきれいに脱毛したいと考えている人に人気なのが、サロン脱毛や医療レーザー脱毛です。

このふたつの違いは、脱毛方法は同じですが、医療レーザー脱毛のほうが、強い出力で施術ができるという点から、早めに脱毛効果を時間する事ができるようになっています。

早く脱毛を終わらせて、効果を実感したいという人には、医療レーザー脱毛が人気を呼んでいます。


人気の脱毛方法である、医療レーザー脱毛ですが、人によっては施術後炎症が出てしまい痛い思いをしたという話もあります。


これは、強い出力で施術を行っている事で、毛根だけでなく、毛穴の周りの皮膚にもダメージを与えているために起こる反応のため、特に、濃いムダ毛の部位ほど起こりやすくなっています。

男性のひげ脱毛などで炎症が起こるのはこのためでもあります。


赤みは1週間もすると落ち着きますが、色素沈着などが心配という人も多いのではないでしょうか。

心配事を減らしてから、施術をしたいと考えている人にとっては、施術後の炎症は気になる問題のひとつといえます。

 

炎症を防ぐための予防策、脱毛後のケア

医療レーザー脱毛を行う事で起こる炎症を防止するために、施術前には、しっかりとカウンセリングを行い、その時の肌の状態に合わせた出力などに設定して施術を行う事になっています。

施術を行うのも医療従事者が行うため、安心してうける事は可能です。


しかし、医療レーザー脱毛自体、多少の炎症は効果を出すためには仕方がない事となっているため、炎症をいかに少なくするかが焦点となってくるといえます。


医療レーザー脱毛は効果が早いのがなんといっても最大のメリットですが、パワーが強い分肌への負担も大きくなるという事を踏まえて、施術を受ける事が必要といえます。

 

炎症になった場合の対処方法

せっかく、ムダ毛のないきれいな肌を手に入れたとしても、炎症による色素沈着などで肌トラブルを抱えてしまっては元も子もありません。

そうならないためにも、施術後に処方される軟膏やクリームでしっかりとケアを怠らないということが大切となってきます。


また、医療レーザー脱毛は、パワーが強いので、施術後のお化粧などはできない事があります。

当日の入浴なども控える必要があるため、お休みの前の日や、長期休みの時などを利用して、トラブルがあっても対処できる日を選んでから施術を行うのがおすすめです。

肌への刺激を抑える事でより早く炎症を抑える事ができるため、肌をこすったり紫外線などからも肌を守るようにしましょう。

 

まとめ


医療レーザー脱毛は、長くサロンに通うのが面倒、早く効果を実感したいという人にはかなり人気の脱毛方法となっています。

効果が早く実感できる分、リスクも高くなってくるので、病院での施術だから大丈夫と思って、手を抜かずに、施術前にはしっかりとカウンセリングを受けて不安を取り除き、安心して施術を受ける事が大切です。