サロン脱毛するなら必見!二の腕脱毛と硬毛化について

サロン脱毛や医療脱毛に興味をもっていて、色々調べていると気になるのが「硬毛化」というワードです。

レーザー脱毛で毛が濃くなるの?と不安になってしまいますが、レーザー脱毛を考えているなら硬毛化について知っておくことも必要です。

 

脱毛すると毛が太くなるってホント?

脱毛すると毛が濃くなるという話はよく耳にしますが、一般的には剃刀などで剃ったときに毛が太くなったように見えるというケースがほとんどです。

しかし、毛の硬毛化は実際に脱毛を行う事で毛が太くなってしまう事をいいます。

これは、いわゆる、医療脱毛を行ったときにおきる事が多く、硬毛化になりやすい部位があり、主に背中や二の腕、肩のあたりの脱毛で起こります。

これらの部位の毛に共通しているのは、いずれも産毛のように細い毛が集中しているケースが多くなっているという点です。

脱毛によっておこる毛の硬毛化は、もともと細い毛がレーザーによって刺激されてしまい太くなってしまうという現象の事をいいます。

 

硬毛化保証がついているクリニックもある

 

脱毛で毛を薄くしたいと考えていたのに、反対に毛が太くなるってどういう事?と驚く人も多いと思いますが、実際に原因は究明されていませんが、毛根に刺激を与えて毛を細くしていくはずのレーザーによって、逆に刺激によって毛根が活発になり、細かった毛が太くなってしまうと言われています。

これは、医療レーザー脱毛のケースが多く、利用するクリニックによっては、硬毛化保証などをもうけているところもあるため、硬毛化が心配な場合は、保証のしっかりついているクリニックを選ぶようにしましょう。

 

それでもメリット豊富な全身脱毛

 

硬毛化は心配だけど、やはりしっかりと脱毛をすると毎日のお手入れから解放されて楽になる事ができます。

実際に、二の腕脱毛をサロンで受ける場合とクリニックでうける場合とでは、回数などに変化はあるのでしょうか。

二の腕脱毛をサロンで終了するには、平均12回~18回、クリニックでのレーザー脱毛なら6~8回で終了します。この回数の開きは、やはり照射する強さの違いからでているといえます。

早く施術を完了させるには、やはり医療脱毛のほうが早いのがわかります。

金額で比べてみても、一回の施術の費用が、サロンだと4000円~6000円、クリニックだと10000円~15000円になるので、一回の金額で比べるとクリニックの方が割高になっています。

しかし、トータルの金額で考えると、そんなに大きな差はないので、そのあたりを頭にいれて、自分の利用しやすさで選ぶのがお勧めです!

 

まとめ

サロン脱毛や医療レーザー脱毛はずっと気になっていたけど、中々一歩が踏み出せないという人も多いと思いますが、メリット、デメリットをしっかりと把握しておけば、敷居も低くなりトライしやすくなります。

特に、硬毛化などの現象は理解しておくと、いざという時に対処する事ができます。

薄着の季節になると、ファッションで考えても二の腕や脇毛の脱毛は必要不可欠です。

ステキな服を着て、楽しく夏を過ごすためにも、脱毛は、まわりよりも早めに始めるのがおすすめです。