毛抜きでの脱毛、効果と注意点について

毛抜き脱毛、メリットは?

簡単にムダ毛を処理できる毛抜き

毛抜きを使うと、毛穴の奥から毛が抜けるので、脱毛してしばらくは毛のない状態をキープできます。

カミソリや電動シェーバーで処理した場合、毛はすぐに生えてきてしまいます。

毛抜きで一本一本抜いていくのは大変ですが、ムダ毛処理をしなくてもいい一定の期間があるということは、自己処理の頻度が少なくて済むということです。

ピンセット一つあればできるので、コストもかかりません。

脱毛後に生えてきた毛は、毛先が細くなっているので、剃った場合のようにチクチクすることもありません。

 

 

毛抜き脱毛のデメリット

時間がかかる毛抜きでのムダ毛処理

自分の目で見えない部位についての処理は、毛抜きでは難しいものです。

毛を引っ張って抜くことは、痛みを伴い、肌にも大きな負担をかけることになります。

毛根から抜けているように感じられても、永久に生えてこなくなるわけではありません。

毛乳頭は残ったままなので、毛を無理やり引きちぎっているといっても過言ではなく、毛乳頭だけでなく周りの組織も傷ついてしまうことになります。

毛穴が炎症をおこしたり、色素沈着してしまうことがあります。脱毛での色素沈着は「炎症性色素沈着」とも呼ばれています。

また、皮膚常在菌が毛穴から感染して起こる「毛嚢炎」や、毛が皮膚内で生えてしまう「埋没毛」という状態になることがあります。

埋没毛は見た目も触った感じも悪いため、自分でなんとかしようと皮膚を削って取り出そうとすれば、炎症をおこすかもしれません。

埋没毛を放置しておく人も多いようですが、なるべく皮膚科で診察を受けることをおススメします。

そのほか、毛抜きによる脱毛で、生えてくる毛が太くなったり、1つの毛穴から2本以上の毛が生えることもあります。

 

毛抜き脱毛の注意点と、アフターケアについて

毛抜きで脱毛する際の注意点としては、まず、毛抜きは消毒したものを使いましょう。

脱毛する部位を消毒し、蒸しタオルなどで温めてから脱毛しましょう。タオルも清潔なものを使用してください。

抜き方については、毛の生えている方向に逆らうことなく、素早く抜いてください。毛抜きで皮膚まで掴んで引っ張ってしまわないように気をつけてください。

アフターケアは重要です。きれいに抜けたと思っても、肌トラブルになることがあります。

毛穴は傷つき開いた状態になっているので、消毒し、冷やして肌を引き締めましょう。

肌の状態が落ち着いたら、しっかりと保湿をすることが大事です。肌が乾燥すると、ターンオーバーが正しく行われません。古い角質が残ってしまい、皮膚が硬くなってしまいます。

 

まとめ

毛抜きによる脱毛は、デメリットが大きくなります。

肌をきれいに見せるために脱毛したはずなのに、かえって見た目が悪くなる危険性があります。

簡単にできる脱毛方法ではありますが、無理に抜かないようにすることをおススメします。