脇の脱毛と汗対策に効果的な方法は?

近頃ではたくさんの脱毛サロンや医療脱毛の広告を見かけるようになり、皆さんにとっても身近な存在となってきた脱毛。

そのなかでも最も人気なメニューが「脇の脱毛」です。一番お手軽で試しやすく、更に女性が最も気になるムダ毛の部分なので、大変人気なプラン。

しかし、脇の脱毛に関してしっかり調べてから行くという方は少ないのも現状です。

手を出しやすいが故に、思わぬ問題に直面することもあります。

今回は、そんな脇の脱毛と脇汗に関する情報をまとめてみました。

 

脇の脱毛をしたいけど、どこでやればいいの?

脇の脱毛をしたいけれど、どこでどのような方法でやるのが一番いいのかわからないという方は非常に多いです。

大きく分けて、脇の脱毛方法は四つあります。

 

脱毛エステサロン

脱毛エステサロンでは光脱毛という方法での脱毛になります。

痛みは少なく、脇に関しては価格も特に安く設定されているところが多いです。

また一度の施術時間も両脇で5~10分程度と早く、脱毛完了まで1~2が目安となっています。

脱毛効果は、ニードル脱毛やレーザー脱毛に比べて若干劣り、毛根を弱らせるため、毛が細くはなりますが完全に脱毛という状態まで持っていくには個人差はありますが、結構な回数が必要となってきます。

 

医療脱毛

医療脱毛は医療レーザー脱毛という方法での脱毛になります。

医療機関でしか許可されていないレーザーを使った施術と、しっかりとした医師のアフターケアが充実しているというところがポイントです。

痛みに関しては、脇の部分は毛が濃いので痛みは大きいです。価格に関しても光脱毛などと比べると10倍程度の価格になります。(おおよそ1~4万円程度)

施術時間は光脱毛よりかかるものの、両脇で10~20分程度で完了するので割と早めです。

効果は、光脱毛に比べて高く、永久脱毛まで1~2年で完了します。

光脱毛が毛根を弱らせるのに対し、医療レーザー脱毛は毛根を死滅させるため、一度死滅させた毛根からは毛は生えてきません。

 

電気脱毛

電気脱毛はいわゆるニードル脱毛という方法での脱毛になります。

毛穴の一本一本に針を差し込み電流を流すことで、毛根よりさらに深い、毛を作り出す細胞ごと死滅させるという方法です。

この方法は医療機関で行われますが、特別な許可が下りている一部の医師でしか施術することができないので、多くはクリニックや病院、ごく一部の限られたエステサロンでの施術になります。

医師によって技術も異なるため、脱毛効果にはムラがあり、信頼できる医師を探すことが重要です。

一本ずつ脱毛していくので時間も費用も多く、時間は一回一時間程度から、費用は永久脱毛まで10万円からとかなり高額になっています。

しかし、永久脱毛の効果はどの脱毛方法よりも高く、一年程度で永久脱毛をすることができます。

痛みに関してはやはり最も強く、場合によっては麻酔をかけることもしばしば。

気軽に脱毛するには少し敷居が高いのが現状です。

 

ブラジリアンワックス脱毛

ブラジリアンワックス脱毛は最近流行りだした脱毛方法で、近頃はブラジリアンワックスの専門のサロンも多数あります。

サロンによってワックスの成分は異なりますが、どれも煮詰めた水飴状のワックスを脱毛部位に毛を絡ませるように塗り、専用のペーパーをあてて一気にはがすといった方法になります。

痛みは多少伴いますが、それによって肌への負担がかかったりということも少なく、短時間での脱毛が可能です。

粘膜部分にも施術が可能で、肌の古い角質も一緒に除去できるのでとてもきれいに脱毛することができるというのがメリット。

費用は一回につき初回が6000~7000円程度、二回目からはもう少し安い値段になっているところが多いです。

ワックス脱毛は毛を抜くという単純な方法なので、永久脱毛などの効果は期待できず、継続して二週間~一か月ごとに通うことになるので、脱毛したい期間限定の場合はお勧めです。

 

脱毛をしたら脇汗が増えた?原因は?

脇の脱毛をしたら脇汗が増えたという意見は多く、脱毛ではなくシェーバー等セルフで処理していた時には起こらなかったのに脇汗が増えて、なにか脱毛によって悪い影響があったと思う方も少なくありません。

しかしこれには理由が存在します。

実は脱毛をしたことによって汗をかく量が増えたわけではなく、脱毛をすることによって汗が流れやすくなり、結果的に脇汗が増えたように思えるだけなのです。

脱毛前は毛穴付近に細かい毛や毛穴、毛根が存在していたのに対し、脱毛はだんだんと毛穴から毛が生えてこなくなります。それによって汗を皮膚の付近で留めておくものがなくなるので、汗が流れやすくなり、その結果汗が多くなったと感じるだけなのです。

また、脇を脱毛したことにより脇に対して意識を集中させていることが多く、これまでと変わらなくても敏感になってしまっているということも挙げられます。

気にすることによって精神的な要因になり余計に汗をかきやすくなっているということもありえますので、あまり気にしすぎないことが大事です。

 

脇汗の対策はどうすればいいの?

先ほど説明した通り、脱毛をすると汗が流れやすくなるため、脇汗の対策が必要になる方も多いかと思います。

ドラッグストアなどで制汗剤などが売っていて、最も身近で簡単な制汗スプレーを利用している方も多いかと思いますが、制汗スプレーは汗で流れてしまうので、スプレー成分の付着面が皮膚のみになってしまった脱毛後の肌には向いていません。

脱毛後の脇汗対策にはロールオンタイプの制汗剤や汗腺を塞いで汗自体を出にくくするタイプの制汗剤を使うのが最も効果的です。

特に脇汗の量が多いと気になる方は、汗腺を塞ぐタイプの制汗剤がロールオンタイプよりも高い効果を期待できるためお勧めです。

スティック状になっているものが多く、バームを直接肌に塗るタイプや、チューブのクリームタイプのものが販売されており、制汗と臭い対策が同時にできるのも魅力的です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

多くの方が脱毛後に脇汗が増えたことに関して悩んでいますが、これは脱毛をする上では避けられないことなので、先ほど説明した通り、制汗剤を使用して汗を防ぐという方法を実践してみてください。

昨今の制汗剤はとても効果が高く、ほとんどの場合気にならない程度には改善される優秀な商品ばかりです。

ぜひ、上記の方法を実践して脇汗対策を実践してみてください。