顔の医療脱毛をするとシミが増えるって本当??

医療レーザー、顔のシミやホクロへの影響はあるの?

「顔の医療脱毛をすると、シミが増えるのでは?」「ホクロがあるから医療脱毛ができない」などと勘違いされている方はとても多いようです。

しかしご安心ください、問題ありません。

シミやホクロがあっても、ほとんどの場合は、医療レーザーを照射して脱毛することができます。

注意が必要になるのは、肝斑がある場合です。肝斑はレーザー照射をすると悪化してしまいます。 

 

シミやホクロが消える噂は本当? メカニズムは?

顔の医療レーザー脱毛では、ホクロやシミが目立たなくなるといった副次的な効果があります。

顔にシミがあると老けた印象になります。

ホクロも場所や大きさによってはチャームポイントになるものの、気に入らないホクロはシミと同様に邪魔なだけです。

脱毛のついでにホクロやシミも薄くできるのですから、これは嬉しいですよね。

ホクロやシミの色の濃さは、肌の奥に潜んでいるメラニン色素の量によって変わってきます。

表皮に現れている色は、肌の奥にある真皮に溜まったメラニンが透けて見えているのです。実際には、もっとたくさんのメラニンが、肌の内側には溜まっています。

顔脱毛でホクロやシミが薄くなるのは、レーザーが毛根のメラニン色素だけでなく、ホクロやシミのメラニンにも反応するためです。毛根のメラニンと同様に、ホクロやシミのメラニンも熱ダメージを受けて、徐々に薄くなっていくというわけです。

照射したレーザーがホクロやシミのメラニン色素に作用すると、滞っていたメラニンは拡散し、表皮のほうへと押し出されていきます。

その結果、一時的にホクロやシミの色は、前よりも濃く見えるようになります。「顔を医療脱毛すると、シミが増えるのでは」という誤解は、この現象からきていると思われます。

表皮に浮かびあがってきたメラニンは、色が濃ければかさぶた状になり、レーザー照射を1回か2回ほどした後に剥がれ落ちます。薄めの色であれば、自然と消えていきます。

顔脱毛をしたあとは、肌の色も明るくなるようです

 

レーザー照射してはダメ、注意するべきホクロがあります。

ただし、ホクロの種類によっては、レーザーを照射できない場合があります。

レーザー照射など刺激を与えることで、悪性黒色腫になってしまうホクロがあるのです。

 医師が診察して判断することですが、一般的には、直径が5mm以上で左右非対称の形や、色がまだらだったりするホクロは、レーザー照射を避けることが多いようです。

しかし その場合でも、ホクロにテープを貼ってマスキングすれば、他の部分にはレーザーを問題なく照射することができます。

なので、ホクロがあるからといって顔脱毛ができないわけではありません

 また、消したくないホクロは、マスキングをすることで維持できます。 

顔は常に人目にさらされています。

顔脱毛をするとどんな影響が出てくるのか、誰しも非常に気になることと思います。

人それぞれに肌の状態は違いますし、悩んでいる点も違います。

少しでも不安があるのであれば、カウンセリングの場でしっかり相談し、肌トラブルが起こらないようにしましょう。