顔の産毛脱毛、サロン脱毛と医療系脱毛どっちがおすすめ?

顔の産毛は剃刀で処理しているという人が多いようですが、最近は肌トラブルを防ぎ、日常の手入れが簡単になるという考えから、サロン脱毛や医療脱毛をする人が増えています。

そもそも、サロン脱毛と医療脱毛、どちらも似ているようですが、効果や費用面ではどのような違いがあるのでしょうか。

 

医療系脱毛は早い!サロン脱毛との違い

顔の産毛脱毛を自宅ではなく、プロに任せる場合、医療系にするのかサロン系にするのか迷うところです。医療系、サロン系ともにデメリットとメリットを知った上でどちらが自分にあった脱毛方法かを選ぶ事が大切です。

医療系の脱毛、サロン系の脱毛ともに、行っている脱毛方法は同じなのですが、使っている機械に違いがあります。

医療系の脱毛は、よくレーザー脱毛と呼ばれていますが、部位に光をあてて施術を行い、毛根をレーザーで死滅させる方法のため、何度も施術を行わなくても、脱毛が完了するというスピーディーさが魅力です。

反対に、サロン脱毛は医療脱毛同様に光で脱毛を行うという点は同じですが、医療用に使われているレーザー脱毛と違い照射出力がまったく違うため何度も施術を行う必要があります。

そのため、何度もサロンに通わなければいけなくなり時間も医療用に比べるとかなりかかってしまうのがデメリットといえます。

 

サロン系脱毛のメリット

医療用脱毛はスピーディー差が最大のメリットですが、一度に払う費用がサロン脱毛に比べると高くなるというデメリットがあります。

顔の産毛の脱毛だから何でもいいかなと考えがちですが、金額や仕上がりなどは重要になってきます。

特に、最近は格安脱毛サロンも増えていて、月額制で一度に支払う必要のないサロンも増えています。

特に、若い世代の女性の多くは、時間はかかっても、費用を抑えてきれいになれるサロン系脱毛を選ぶ人が増えています。

また、医療系脱毛はスピーディーに処理できるというメリットはありますが、照射出力がサロン系脱毛に比べて強いという点から、サロン系よりも肌への負担が大きく、痛みを感じるという人もいます。

特に顔の産毛脱毛の場合、サロン系の施術だと、その日のうちにメイクをして帰宅できるサロンもあるため、痛みが気になるという人にはサロン系がおすすめです。

 

お互いのメリット・デメリットを比較して選ぶ

医療系、サロン系の脱毛ともにメリットデメリットがありますが、全身脱毛をすると、毎日のお手入れが楽になるという点で、若い世代の女性が全身脱毛を行うケースが増えています。

特に、顔の産毛をきれいにする脱毛は、毎日のメイクのりがきれいになるだけでなく、肌のお手入れをする際にも、化粧水や美容液の浸透がよくなり、その結果肌を健康に導く事ができます。

また、顔だけでなく、全身脱毛でわきやデリケートゾーンを施術する事で、施術完了後清潔に保つ事ができるようになるので、黒ずみなどが解消され、きれいな肌に導く事ができます。

 

まとめ

顔脱毛だけでなく、全身脱毛は美容面でも効果があるだけでなく、清潔に保つという面でも高い効果を発揮します。

医療系、サロン系どちらで施術を行ったとしても、施術によって肌トラブルが減らす事ができるため、自分の予算と期間、施術方法などを考慮した上で、自分に合った美容外科やサロン脱毛を選ぶ事が大切です。